2010年07月23日

Gingko Tree

From: Magokoro's heart & soul
By: Magokoro
ISBN: N/A


walking through a red Shinto sacred arch
My mum tenderly spoke to me
Shall we go and find out what we can see over there?
Holding my hand, she was humming a soft tune of Japanese lullaby

Walking through a red Shinto sacred arch,
there I found a big old gingko tree carpeted with its yellow leaves
The patter of my little feet echoed in the sacred Shinto shrine along with our laughter
The leaves were so soft that they danced like yellow butterflies
with a chilly Japanese autumn wind

standing by a red Shinto sacred arch
Her humming was like a warm woolly blanket to my ear
Chilly Japanese wind seemed to be shunning me
though it touched my redden cheeks with its blow
Her humming pulled me towards a sanctuary which existed in her soul

Standing by a red Shinto sacred arch
I scattered a handful of gingko leaves into the air
the butterflies once again danced with the autumn wind
The sun reflected their vivid yellowness contrasting with the blue sky above me
One gingko leaf landed on my glossy black hair
my mum smiled saying” you have a butterfly resting on your head.”

The red Shinto sacred arch, it has disappeared into the past
Here I stand by a big old gingko tree under the cloudless autumn sky faraway from home
Its yellow leaves still remain,
My glossy black hair still remains
And yet, what has changed since then?
No humming reaches to my ear
Her lullaby no longer pulls me towards her sanctuary
The chilly wind is no longer shunning me and it seems to be blowing right through my soul
The leaves retaining their vivid yellowness are now dancing with my welling up tears

Is there a gingko tree up there, mum?
Are you humming a tune of any sort?

いちょうの木

赤い鳥居をくぐりぬけ
何が見えるか見に行こう
母は私の手をつなぎ
鼻歌まじりに私をいざなう

赤い鳥居のその先に
見えてきたのはいちょうの木
黄色い落ち葉は柔らかく
歩くたびに宙に舞う
紋黄蝶のようであり
華麗にはかなく宙を舞う

赤い鳥居のそばに立ち
母の鼻歌ここちよく
両手いっぱい抱えたいちょうの落ち葉
幼い私は空へと散らす

赤い鳥居のその先で
幼い私の黒髪に
風とともに舞い降りた
紋黄蝶を手にとって
“ちょうちょうだね”といいながら
母は私に優しく微笑む

赤い鳥居は過去となり
今立つ私の目の前に
大きくそびえるいちょうの木
黒髪こそは残っても
母のぬくもりそばになく
いちょうの黄色が涙に踊る


posted by Magokoro at 09:39 | My Thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

The Serenity Prayer: 心を落ち着けるお祈り

Given by: Monsignor Brian Arahill


God grant me the serenity to accept the things I cannot change,
the courage to change the things I can
and
the wisdom to know the difference.
Amen.


W自分の能力や努力を注いでも、どんなに頑張っても、この世の中には自分には
対処できないことがあるんだと、
その現実を頑固や卑屈にならずに、
素直に受け入れることができる
心の穏やかさを私に授けてください。

また、この世の中に私の能力と努力をもって変えることができることに対して、
怖じ気ずくことなく、それに一心に立ち向かうことのできる勇気を、私に授けてください。

そして、その2つの違いをしっかりと見分けられる力を私に授けてください。”


(Japanese translation by Magokoro)
posted by Magokoro at 19:55 | Comment(1) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

Stars and Dandelions 星とたんぽぽ

From: 星とたんぽぽ
By: Misuzu Kaneko(1903-1930)-Japanese poet
ISBN: N/A


 星とたんぽぽ

 
青いお空のそこふかく、
 海の小石のそのように
 夜がくるまでしずんでる、
 昼のお星はめにみえぬ。
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。

 ちってすがれたたんぽぽの、
 かわらのすきに、だァまって、
 春のくるまでかくれてる、
 つよいその根はめにみえぬ。
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。


Stars and Dandelions

Stars under the sun cannot be seen.

They cannot be seen as they patiently waiting for the night to come
in the deep blue sky as if they were small pebbles
at the bottom of the deep blue sea

Stars under the sun cannot be seen.

And yet, they exist.
We cannot see them but they exist.

A dandelion's seed travels in the air landing between tiles
taking and growing its root
paitiently waiting for the next spring to come.

The dandelion's strong root cannot be seen.

And yet, it exists.
We cannot see it but it exists.

( English translation by Magokoro)
posted by Magokoro at 21:04 | Comment(0) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The heart has its reason

From: St. Michael's
By: Mr. Brian Arahill
ISBN: N/A


The heart has its reason that the reason does not know.

心には心だけの理由には知り得ない理由がある。

(Japanese translation by Magokoro)
posted by Magokoro at 20:06 | Comment(0) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

The Road to Palmerston North

From: Magokoro's heart & soul
By: Magokoro
ISBN: N/A


先週の金曜から今週の月曜にかけて、私のNZの初留学地だった
Palmerston Northにいってきました。
昔のHomestayとの再会は相手の都合もあるとおもったので
家の前を車で通り過ぎるだけにしました。
舗装が整っていたこと以外、昔のまま、
家もそのままで、とても懐かしく昔を振り返りました。

14年前にここにきた自分と今の自分を比較したとき、
夢が現実になったもの、理想とはおおきくことなった部分の現実、現実と理想の入れ違いや自分という人間をふりかえって、14年の年月を経て、形成されていった今の自分が
胸を大きくはれるものか否か、いろいろと思いを巡らせました。

あの時がなければ今はなく、語学力に関しても、なんだかんだで叩きあげて、
荒削りだけど、今に至り、14年前、私がNZに足を踏み入れた時に、
この国のどこかで何らかの人生を繰り広げていた、
あの当時は全く接点のなかった人たちが、
いまでは私という人間の存在を認識してくれて、
心配してくれたり、ご飯を持ってきてくれたり、一緒に涙したり、家に泊めてくれたり、
電話してくれたり、、、人というものは温かいな。。。と思います。

この国は本当に何もなく、世界の様々な国からも、どこからも遠く、とことん技術にたよることなく自力で成し遂げなくてはいけないことばかり。
アナログなこともたくさんあって、大変。
でもそれゆえに、自分と向き合う時間や、忙しい都会の生活では見出しにくい空に目を向ける、道端の花に目を向ける、花の匂いをかぐ、裸足になり海の水に足を入れる、、、そして、そんな単純で素朴なことに幸せを感じることができる。もちろん生きてゆくために仕事はあるけれど、それで1日の大半はすぎてゆくけれど、でも、今こうして1人で生活をするようになって、今までになく自分に耳を傾けるようになったと思います。自己中になるとかではなく、自分という人間の社会や世界での位置づけや、今何を私がすべきで、いかなる順序でそれをやりこなしていったらいいのか、そういうことを前よりは冷静に考えられるようになってきているのだと思います。

ま、もちろんバラ色・・・とはいかないけれど(笑)

posted by Magokoro at 20:38 | Comment(0) | My Thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Zahir

posted by Magokoro at 19:11 | Comment(0) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Fifth Mountain

posted by Magokoro at 19:03 | Comment(0) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Alchemist

posted by Magokoro at 18:13 | Comment(0) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

Cathedral 大聖堂

From:The Zahir
By: Paulo Coelho
ISBN: TBA


And Suddenly, in the middle of the central nave, I realise something very important: the cathedral is me. It is all of us. We are all growing and changing shape, we notice certain weaknesses that need to be corrected, we don't always choose the best solution, but we cary on regrdless, trying to remain upright and decent, in order to do honour not to the wall or the door or the windows, but to the empty space inside, the space where we worship and venerate what is dearest and most important to us.
Yes, we are all cathedrals, there is no doublt about it:
but what lies in the empty space of my inner cathedral?


突然、教会の本堂の中央で、とても大切なことに気がついた。それは、大聖堂が自分自身であるということ。私一人だけでなく、この世界に住む人間1人1人がそれぞれ1人1人、彼ら自身の大聖堂である。私たち人間は常に成長し続け、形を変えてゆく。直さなくてはいけない自分たちの弱点に気づき、それを直すために必ずしも常にベストな手段を選ばないながらも、正直にそしてまじめに生き続けようと、とにかく日々を生き抜いている。大聖堂は私たち自身。私たちは‘大聖堂’の壁や扉、窓に敬意を払うために日々を生き抜くのではなく、‘大聖堂’の空間そのもの、私たちにとって最も大切でかけがえのないものに祈りを捧げ崇拝する空間に敬意を払うために生き抜いている。私たちはみんな誤りなく、大聖堂そのものだ。確信を持てそう言い切れる。ただ、私自身の心の大聖堂、そのカラの空間には何が息衝いているのだろう?

( Japanese translation by Magokoro )
posted by Magokoro at 18:48 | Comment(0) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

I have just said 単に伝えたまで・・・

From: The witch of Portbello
By: Paulo Coelho
ISBN: TBA


People told you how things should be and how a woman should behave. You have always fought against your dreams, and "I want" has never shown its face. It was always drowned out by "I must" or "I hope" or "I need".
If you refuse to accept who you are, that is not my problem. I have just said what needed to be said.

他人はあなたにどうすべきか、1人の女性としていかに振舞うべきかを言い続けてきた。そのために、あなたは自分の夢に逆らうように生き続け、本来の心に息づく”こうなりたい”の本質が表面に現れることなく、”こうしなければいけない”や”こうであったらいいのに・・・”もしくは”こうする必要がある”という感情に"こうなりたい”の思いが置き換えられてしまってきた。
あなたが本来の自分を受け入れることを拒否する道を選ぶなら、それは私の問題ではない。ただ、私は単に伝えなければいけないことをあなたに伝えたまでだ。

(Japanese translation by Magokoro)
posted by Magokoro at 15:08 | Comment(0) | What I found & read | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。